So-net無料ブログ作成
検索選択

小沢氏、再び不起訴 参院選への影響回避 会期延長せず、7月11日投票へ(産経新聞)

 政府・民主党が参院選までの政治日程を固めた背景には、小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題の影響を最小限にとどめたい思惑がある。国会の会期を延長して参院選が後ろにずれ込めば、検察審査会(検審)の再議決が国会開会中に出て、選挙戦に不利になることもあり得る。民主党はその可能性を消しておきたかったのだ。

 不起訴処分について21日、民主党執行部から「織り込み済み。影響はない」(参院幹部)と歓迎する声が上がった。だが、そう簡単に安心するわけにはいかない。この問題が4月27日に「起訴相当」を議決した検審の手に再び委ねられたからだ。

 検審が再議決する期限は法的には決まっていない。常識的には参院選後になるとみられているが、選挙前に結論が出る万が一の可能性を排除できない。

 もし検審が参院選前に「起訴すべきだ」と議決すれば、内閣、民主党の支持率を直撃するのは必至で、小沢氏の進退が問われるのは確実。参院選への悪影響は避けられない。また、国会会期中の場合、野党が攻勢に出て、国会は混乱し、鳩山内閣は窮地に陥る。

 党内的な問題もある。小沢氏に批判的な議員からは以前から小沢氏の辞任を求める声があった。玄葉光一郎民主党衆院議員らは近く財政規律重視の議員グループを結成するが、これも小沢氏の進退問題浮上を見据えたものだとみるむきもある。だが、多くの議員が東京を留守にする国会閉会後ならば党内抗争の拡大を防ぎやすい。

 つまり、民主党執行部としては、重要法案の成立を断念してでも検審の再議決は参院選後、少なくとも国会閉会後になるようにもっていく方が得策なのだ。

 マスコミ嫌いで知られる小沢氏は21日の不起訴処分を受けて、報道各社の記者会見の要請を拒否し、たった一枚の紙のコメントを出しただけだった。

 だが、機嫌が悪かったわけではない。国会内の民主党幹事長室では、面会に来た国民新党の自見庄三郎幹事長に、自見氏の要望に応じて、父の伝記「人間小沢佐重喜」(陸山会刊)にサインして手渡すなど、余裕ある対応をみせた。6月16日に今国会を閉会、7月11日に参院選投開票という日程で、なんとか参院選までは乗り切れるという自信の表れなのかもしれない。(榊原智、坂井広志)

【関連記事】
「政治とカネ」の悪影響回避へ 閉会急ぐ民主
小沢氏不起訴 信頼裏切る形式的な捜査
小沢氏再不起訴 検察「有罪」確信持てず
小沢氏、元秘書、業者…真実を語るのは誰?
大久保被告の訴因変更を決定 東京地裁
中国が優等生路線に?

<強盗>スタンガン使い8万円奪う 名古屋・まんが喫茶店(毎日新聞)
<レンタカー>知恵で格安、新たな需要掘り起こし(毎日新聞)
「ぜいたくしたい」生活保護通院費120万不正受給(読売新聞)
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕(産経新聞)
【たけくまメモ 出張版】マンガ雑誌創刊の裏側 パチンコ連携で元を取る(産経新聞)

普天間、徳之島町議と面会へ=官房長官が鹿児島訪問(時事通信)

 平野博文官房長官は12日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、政府が基地機能の一部移転先に想定している鹿児島県・徳之島の徳之島町議と鹿児島市内のホテルで面会する。平野長官は、政府の移転案の骨格を説明して理解を求める考えだ。
 平野長官は12日午後の記者会見で、「島民が反対する真意を聴かせていただく。許せる範囲でお願いできないかという主張は変わりない」と述べ、徳之島側との接点を模索する考えを強調。町議側は、徳之島と本土を結ぶ航空路線の運賃や黒糖製造などについて、沖縄並みの優遇措置を講じるよう要望するとみられる。
 徳之島側は、3町長が7日に鳩山由紀夫首相に受け入れ拒否を直接伝えるなど、移転反対の姿勢を強めている。ただ、徳之島町議会には移転に柔軟な町議もいるとされ、平野長官は、首相が移設問題の決着期限とした5月末をにらみ、町議との面会を事態打開の糸口としたい考えだ。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

木曽三川公園 シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
遺棄女性へ保険2100万、発見直前に半分解約(読売新聞)
アラサー、2割が新卒就職せず=「氷河期」アラフォー比較でくっきり(時事通信)
「首相、幹事長は辞職を」民主県議3人申し入れ(読売新聞)
<普天間>官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」(毎日新聞)

お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)

 大型連休の帰省行楽客がUターンラッシュが4日、本格化した。

 大都市圏に向かう高速道路は各地の上り線で渋滞が発生。日本道路交通情報センターによると午後3時現在、中央高速上り線の小仏トンネル付近で25キロ、関越自動車道上り線の花園インター付近で25キロ、渋川伊香保インター付近で19キロ、東北道矢板インター付近で11キロの渋滞が発生している。

 関西地方でも、名神高速蝉丸トンネル付近で15キロ、中国自動車道宝塚西トンネル付近で12キロの渋滞が発生。九州自動車道では金剛山トンネル付近で40キロの渋滞が起きている。

原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
「いったい何をしに来た」説明不足に沖縄怒り(読売新聞)
手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは公務員目指す若者に(産経新聞)
手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは公務員目指す若者に(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。